伝統的メニュー

明治から昭和までの文士や文化人たちをとりこにし、うならせてきた資生堂パーラーの伝統の味。歴代のシェフが長年に受け継ぎ、今なお磨かれているおいしさの秘密をひもときます。

コンソメスープ

< >

コンソメスープ

さまざまな料理を引き立てる逸品です。

コンソメの材料は牛すね肉、鶏、鶏ガラ、塩、野菜、そして水。浮いてくるアクを残さず取り除きながら、火にかけること10時間。肉と野菜の旨味をじっくり引き出し、黄金色に透きとおるコンソメをつくるには、手間と時間を惜しまないことが大切です。また、しっかり取ったコンソメは、すね肉から出るゼラチン質の働きで、冷やすとゼリーのように固まるので、資生堂パーラーでは冷製コンソメとしてもお出ししています。そのままスープとしてメニューに載せるのはもちろんのこと、ヴィシソワーズやポタージュのベースにしたり、グラタンの下味に使ったりと、さまざまな料理をおいしくするために欠かせない逸品です。

厨房

内装

伝統的メニューをはじめ、季節のランチ、ディナーを「レストラン」にてお召し上がりいただけます。

レストラン

レストランのご案内

  • 銀座本店
  • その他の地域のレストラン
PAGE TOP