伝統的メニュー

明治から昭和までの文士や文化人たちをとりこにし、うならせてきた資生堂パーラーの伝統の味。歴代のシェフが長年に受け継ぎ、今なお磨かれているおいしさの秘密をひもときます。

カレーライス

< >

カレーライス

3日がかりでつくる、秘伝の味。資生堂パーラー レストラン開業時から伝わる、カレーライスのこだわりです。

カレーソースをおいしくつくるコツは、かけるべき時間をきちんとかけることと、ひとつひとつの過程を大切につくること。素材が豊富になり、調理法が進化した今でも、その考えは揺るぎません。まずは、ラードで玉ねぎ、にんにく、しょうがをゆっくり揚げます。いい香りが移ったら、小麦粉とカレー粉を合わせて炒め、オーブンへ入れて一時間。焼き色がついて深みのある鳶(とび)色になったら、鶏ガラ、香味野菜、ブイヨンを加えてじっくり煮込み、ていねいに漉せば、まろやかでコクがあるカレーソースの完成です。ごはんは銀製のアントレディッシュに、カレーソースはソースポットで。

厨房

内装

伝統的メニューをはじめ、季節のランチ、ディナーを「レストラン」にてお召し上がりいただけます。

レストラン

レストランのご案内

  • 銀座本店
  • その他の地域のレストラン
PAGE TOP